FX ダウ理論入門 6法則 その5

ここでは、「FX ダウ理論入門 6法則 その5」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ダウ理論 6法則 【法則その5】


ダウ理論6法則
【法則その1】 平均はすべての事象を織り込む
【法則その2】 トレンドには3種類ある
【法則その3】 主要トレンドは3段階からなる
【法則その4】 平均は相互に確認されなければならない
【法則その5】 トレンドは出来高でも確認されなければならない
【法則その6】 トレンドの転換は明白なシグナルが出るまで継続する

ダウ理論 【法則その5】 トレンドは出来高でも確認されなければならない
長期トレンドが上昇トレンドであれば、

出来高は価格の上昇に追随して増加し、

下落する時には減少する。


逆に、長期トレンドが下降トレンドであれば、

価格の下落時には出来高が増加し、

反発時には減少するというものです。

「出来高」とは、株式などの売買された数量のことを指します。

つまり 売り・買いの圧力を表している。

▼要するに
出来高は、株価が長期トレンドの方向に動くにつれて、

増大する傾向にある


「出来高」とは、株式などの売買された数量のことを指します。

つまり 売り・買いの圧力を表している。

▼具体的には
為替では「出来高」の統計がほぼ不可能な為、あまり役には立たないかも・・・

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://fxsk.blog105.fc2.com/tb.php/7-42aa2df5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。