カスタムインディケーターを使う

ここでは、「カスタムインディケーターを使う」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カスタムインディケーターを使う


double iCustom( string symbol, int timeframe, ..., int mode, int shift)

指定されたカスタムインジケータを計算し、値を返す。

Parameters:




Sample:


symbol - 計算したい通貨名。NULLを指定すると現在の通貨。
timeframe - 時間枠。時間枠列挙型のどれか。0は現在の時間枠。
name - コンパイル済みカスタムインジケータ名
... - 変数設定(必要であれば)。
変数とその順番はカスタムインジケータ内でextern宣言されている
変数と同じ型、同じ順番でなければならない。
mode - ラインインデックス。0-7もしくはSetIndexBuffer関数で
指定したインデックスに合う値が使える。
shift - 現在の足から何本前の値を出したいか



解説:

double val=iCustom(NULL, 0, "SampleInd",13,1,0);

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://fxsk.blog105.fc2.com/tb.php/62-a7667e11
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。