Parabolic SAR

ここでは、「Parabolic SAR」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Parabolic SAR


double iSAR( string symbol, int timeframe, double step, double maximum, int shift)

Parabolic Stop and Reverseを計算し、値を返す。

Parameters:

symbol - 計算したい通貨名。NULLを指定すると現在の通貨。
timeframe - 時間枠。時間枠列挙型のどれか。0は現在の時間枠。
step - 増加量。通常は0.2。
maximum - 最大値。通常は0.2。
shift - 現在の足から何本前の値を出したいか



Sample:

if(iSAR(NULL,0,0.02,0.2,0)>Close[0]) return(0);



解説:

Parabolic SARはトレンド追随型のテクニカル指標です。

Parabolic SAR

パラボリックは、以下の4つの要素で構成されています。
【1】 SAR (Stop and Reverse)
売買転換点を表します。
  
【2】 EP (Extreme Price)
買い持ちしている期間の最高値、または
売り持ちしている期間の最安値を表します。

【3】 AF(Acceleration Factor)
加速因子。
   パラボリッ クの感度を決定するパラメーター。
  
【4】 MaxAF
   AFのとり得る最大値。

売買サインは
【買いサイン】
 下降SARに値が達したら買い転換。
  
【売りサイン】
 上昇SARに値が達したら売り転換。 

注意点としては
トレンド追随型のため、持ち合い相場では使い物になりません。
ADX等のフィルターと併用することが必要です。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://fxsk.blog105.fc2.com/tb.php/53-20b6ac0f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。