Moving Average of Oscillator

ここでは、「Moving Average of Oscillator」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Moving Average of Oscillator


double iOsMA( string symbol, int timeframe, int fals_ema_period, int slow_ema_period, int signal_period, int applied_price, int shift)

オシレータの移動平均を計算し、値を返す。

Parameters:

symbol - 計算したい通貨名。NULLを指定すると現在の通貨。
timeframe - 時間枠。時間枠列挙型のどれか。0は現在の時間枠。
fast_ema_period - fast移動平均計算で使用する足の数
slow_ema_period - slow移動平均計算で使用する足の数
signal_period - signal移動平均計算で使用する足の数
applied_price - 適用価格。これは価格定数のどれかをとる。
shift - 現在の足から何本前の値を出したいか



Sample:

if(iOsMA(NULL,0,12,26,9,PRICE_OPEN,1)>iOsMA(NULL,0,12,26,9,PRICE_OPEN,0))
return(0);



解説:

MACDとは、Moving Average Convergence Divergence Trading Method(移動平均収束拡散法)の略で
移動平均線を使ったトレンド系の指標になります。

macd

使い方は
・MACDがシグナルを下から上にクロスしたら買い=ゴールデンクロス
・MACDがシグナルを上から下にクロスしたら売り=デッドクロス

このままではダマシがおおいので
・MACDが低位の時のゴールデンクロス、高位の時のデッドクロスの時にエントリー
・他のインディケータと組み合わせる
・デッドクロス直後のゴールデンクロス、ゴールデンクロス直後のデッドクロスは、強いサイン
・方向性を見るだけに使用する   など
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://fxsk.blog105.fc2.com/tb.php/50-2b375075
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。