Accumulation/Distribution

ここでは、「Accumulation/Distribution 」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Accumulation/Distribution


double iAD( string symbol, int timeframe, int shift)

Accumulation/Distributionインジケータを計算する。

Parameters:

symbol - 計算したい通貨名。NULLを指定すると現在の通貨。
timeframe - 時間枠。時間枠列挙型のどれか。0は現在の時間枠。
shift - 現在の足から何本前の値を出したいか



Sample:

double result=iAD(NULL, 0, 1);



解説:

Accumulation/Distributionは「買い圧力」と「売り圧力」を判断する
オシレーター系になります。

AccumulationDistribution


相場とACDが同じ方向を保っていれば、相場の動きは安定しており、
もし相場が上がっているときにACDが下がっていれば、「売り圧力」が掛かっていて売り時であると判断します。
逆に相場が下がっていてACDが上がっていれば、「買い圧力」が掛かっていて買い時であると判断します。

つまり売買ポイントとしてはダイバージェンス(逆行現象)に注目します。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://fxsk.blog105.fc2.com/tb.php/28-1767beaf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。