FX ダウ理論入門 6法則 その1

ここでは、「FX ダウ理論入門 6法則 その1」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ダウ理論 6法則 【法則その1】


ダウ理論とは、19世紀末頃、チャールズ・H・ダウ(Charles H. Dow)

が『ウォール・ストリート・ジャーナル』に寄稿した、

株価の価格変動に関する理論体系のこと。

6つの基本法則から成り立っている。

【法則その1】 平均はすべての事象を織り込む
【法則その2】 トレンドには3種類ある
【法則その3】 主要トレンドは3段階からなる
【法則その4】 平均は相互に確認されなければならない
【法則その5】 トレンドは出来高でも確認されなければならない
【法則その6】 トレンドの転換は明白なシグナルが出るまで継続する

ダウ理論 【法則その1】 平均はすべてを織り込む
株価の形成に影響を与えるすべての事象・要因(地震や災害などの予測不可能なものも含む)、

森羅万象が平均株価に反映されている、という考え方。

材料と価格の変動の6つのパターンがあります。

1.好材料(予想よりも良い材料)→上昇
2.好材料(予想よりも良い材料)→下落 
3.悪材料(予想よりも悪い材料)→上昇
4.悪材料(予想よりも悪い材料)→下落
5.材料無し→いきなり上昇 ☆一般投資家の知らない何かが起きている
6.材料無し→いきなり下落 ☆一般投資家の知らない何かが起きている

要するに、ファンダルメンズをうだうだ分析しなくても
値動き自体が全てを物語っている
という考え方。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://fxsk.blog105.fc2.com/tb.php/2-39e7ad0b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。