バイナリファイルを配列に読み込む

ここでは、「バイナリファイルを配列に読み込む」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
バイナリファイルを配列に読み込む


int FileReadArray( int handle, object &array[], int start, int count)

バイナリファイルから指定された要素数だけ配列に読み込む。
実際に読み込まれた要素数を返す。

Parameters:

handle - FileOpen()関数によって返されたファイルハンドル
array[] - データを保存する配列
start - 配列の保存を開始する位置
count - 読み込む要素数




Sample:

int handle;
double varray[10];
handle=FileOpen("filename.dat", FILE_BIN|FILE_READ);
if(handle>0)
{
FileReadArray(handle, varray, 0, 10);
FileClose(handle);
}



解説:

”filename.dat”をバイナリモードで読み込み専用で開く。
配列”varray”に始めから10個を読み込む

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://fxsk.blog105.fc2.com/tb.php/112-907fb331
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。