◎ 注意事項

右中央部に「シグナル配信」として、チャートを載せていますが、自動更新できるか? 表示速度は? などのTESTに使用しているだけです。
本ブログの掲載情報に基づいて取引を行い、被った損害について本ブログ及び管理人は一切の責任を負えませんのでご了承下さい。


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008年11月19日 日足
2008年11月19日 日足
2008年11月19日 15分足
2008年11月19日 15分足

トライアングルを形成中。
こうなると、今の戦略は厳しい・・・
昨日のようなトレンドがないと、入れない
スポンサーサイト
ここ数日の値動きから、エリオット波動4波目のような気がします。
5波未達成でなければ、3波の安値90円を割り80円台に突入し上昇。
期待値としては87.61と計算できるのですが・・・そこまで行くのでしょうか?
103円・96円と割らないであろうといわれていた値をあっさり割った所を見るとありえない値ではありませんが・・・。
当面の目標96円前後のサポート(と呼べるほど強いとはおもえませんが)を割るかどうかで見極めか?
2008年11月7日 日足
2008年11月7日 日足
2008年11月7日 4時間足
2008年11月7日 4時間足
2008年11月7日 1時間足
2008年11月7日 1時間足
先週金曜日(10/31)は結局上値99円代をブレイクすることなく引けました。
下値96円代は短時間の強気上昇トレンドがありこちらもブレイクせずに保合・・・。

現在、第4波のトライアングル中と考えると、96円をブレイクし第5波目に突入し、24日につけた90.84を更新する。

現在、abcの調整波中と考えると、第4波の102円代をブレイクし上昇となるが、オータネーションの法則が壊れてしまう・・・。

今日の窓明けがどちらになるかで見極めか・・・
[エリオット波動何波目]の続きを読む

エリオット波動理論のルール


《ルール1》
エリオット波動理論の大原則として、上昇波動の場合、第一波動以降の諸波動は、第一波動の起点より安値にはならない

《ルール2》
第三波が上昇5波動のなかで最短になることはない。

《ルール3》
第四波の底は、必ず第一波のトップより上になる。

《ルール4》
エクステンションを伴う推進波はただ一つだけである。

《ルール5》
エクステンションを伴わない他の二つの推進波は、時間と規模の両面で同等のものとなる傾向がある。

《ルール6》
エクステンションは、原則として、5波構成となる。

《ルール7》
第三波動がエクステンションを示すことが多い。

《ルール8》
第四波動のボトムは、第一波動のトップを下回らない。

《ルール9》
第5波にて第三波動のトップを超えるのに失敗しいわゆる、ダブルトップ、ダブルボトムが示現した場合「未達成」 となり強い反転パターンになる

《ルール10》
調整波は三つの波で構成され、五つの波になることはない。(トライアングルを除く)

エリオット波動論


(1)上昇トレンドのマーケットのサイクルは八つの波、すなわち五つの上昇波と三つの下降波からなる。
(2)調整は、常に3波構成となる。
(3)単純な調整には、ジグザグ型とフラット型の二つのタイプがある。
(4)トライアングルはたいてい第四波であり、常に最終波動に先行する。ただし、調整のB波の場合もある。
(5)推進波が拡張(エクステンション)することがある。そのとき、他の拡張しなかった2波は、時間的にも大きさ的にも等しくなる。
(6)オータネーションの法則は、同じ事が二度続けては起きないことを警告するものである。
(7)第四波は第一波と重ならない。

各波の特徴
●エリオット第一波動
上昇5波の最初の推進波。
第一波は、相当下落した水準からの単なる反発にしか見えない。
いきなり、これは第一波だとラベルすることはできない。
後から第一波と決定できるにすぎない。
通常、5つの上昇波のうちで最も短いもの。
あまり重要ではない

●エリオット第二波動
第二波は、通常第一波の全てないしは大部分を戻す
しかし、第一波より安値にはならない。
全て戻した場合は、ダブル・ボトムと呼ばれるフォーメーションを形成する。
大底パターンの逆三尊(逆ヘッド・アンド・ショルダーズ)を形成することも多い。

●エリオット第三波動
最重要波動
第三波は、通常一番長い。
第一波のトップをブレイクアウトし、噴き上げ。
売買の判断としては、ここで買いサイン
「エクステンション」が、示現する可能性が高い

●エリオット第四波動
第四波は通常、複雑な形になる。
波動構成は第二波とは異なる。(オータネーションの法則)
トライアングルは通常、この第四波で見られる。

●エリオット第五波動
第五波は、通常第三波ほどの力強さはない
  
●エリオット a波動
調整局面のA波は五つの波に細かく分かれる
  
●エリオット b波動
軽い上昇となり第五波のトップを超えられず、ダブルトップを構成することが多い
  
●エリオット c波動
c波はa波のボトムを割って下落するが、第一波の起点を割ることはない
割った場合は、それは上昇波動の調整波であるc波ではなく、
下降波動の推進第三波動である可能性が高くなる。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。