ファイル関数取り扱いの注意点

ここでは、「ファイル関数取り扱いの注意点」 に関する記事を紹介しています。
◎ 注意事項

右中央部に「シグナル配信」として、チャートを載せていますが、自動更新できるか? 表示速度は? などのTESTに使用しているだけです。
本ブログの掲載情報に基づいて取引を行い、被った損害について本ブログ及び管理人は一切の責任を負えませんのでご了承下さい。


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ファイル関数取り扱いの注意点

・ファイルの置き場所
 メタトレーダーには以下のファイルを置くディレクトリ(サブディレクトリ)がある

 ・../HISTORY/(業者)
 ・../EXPERTS/FILES
 ・../TESTER/FILES

 メタトレーダーでは上記以外のディレクトリのファイルは扱えない

【重要】
・開くモードによるデータ消去の危険性
 既に存在しているファイルに追記したい場合
 FILE_WRITE が FILE_READ と組み合わされていなければ
 データは消去される。
※つまり、読み込みを行った後(FILE_READ)書き込み(FILE_WRITE)を行わないと
 データが消去されてしまう。


・実行モジュール内で32個以上のファイルを同時に開くことはできない
・同一モジュールで開かれたファイルハンドルは、他のモジュールやライブラリに渡すことはできない。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。