ファイルを開く

ここでは、「ファイルを開く」 に関する記事を紹介しています。
◎ 注意事項

右中央部に「シグナル配信」として、チャートを載せていますが、自動更新できるか? 表示速度は? などのTESTに使用しているだけです。
本ブログの掲載情報に基づいて取引を行い、被った損害について本ブログ及び管理人は一切の責任を負えませんのでご了承下さい。


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ファイルを開く


int FileOpen( string filename, int mode, int delimiter=';')

入力、出力用のファイルを開く。成功すればファイルハンドルを、失敗すれば-1を返す。
Parameters:

filename - ファイル名
mode - オープンモード。
FILE_BIN, FILE_CSV, FILE_READ, FILE_WRITEの組み合わせが使える。
delimiter - CSVファイルの区切り文字。デフォルトでは';'が使われる。



Sample:

int handle;
handle=FileOpen("my_data.csv",FILE_CSV|FILE_READ,';');
if(handle<1)
{
Print("File my_data.dat not found, the last error is ", GetLastError());
return(false);
}


解説:

変数「handle」に「ファイル名:my_data.csv , CSV形式で読み込み専用 , 区切り文字(;)を使用」のファイルハンドルを代入する。
もし、存在しなければ"File my_data.dat not found, the last error is "とエラーコードを表示する。

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。