第四章トレーディング

ここでは、「第四章トレーディング」 に関する記事を紹介しています。
◎ 注意事項

右中央部に「シグナル配信」として、チャートを載せていますが、自動更新できるか? 表示速度は? などのTESTに使用しているだけです。
本ブログの掲載情報に基づいて取引を行い、被った損害について本ブログ及び管理人は一切の責任を負えませんのでご了承下さい。


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
OrderClose(手仕舞い)


bool OrderClose( int ticket, double lots, double price, int slippage, color Color=CLR_NONE)

ポジションを閉じる。
もし成功すれば、この関数はTRUEを返す。
もし失敗すれば、この関数はFALSEを返す。


Parameters:

ticket - 重複しないオーダーチケット
lots - ロット数
price - 決済したい価格
slippage - 最大スリッページポイント
Color - チャート上の決済矢印の色。
もしこの変数が間違っているかCLR_NONE値であれば
チャート上に何も描かれない。



Sample:


if(iRSI(NULL,0,14,PRICE_CLOSE,0)>75)
{
OrderClose(ticket_id,1,Ask,3,Red);
return(0);
}



解説:

もしRSIの値が「75より大きかったら」
変数「ticket_id」のチケット番号のポジジョンを1ロット、現在のAsk値でスリップ許容範囲は3までで
決済する。チャートに表示する矢印の色は赤を使用する。

スポンサーサイト
OrderSend(注文する)


int OrderSend(string symbol, int cmd, double volume, double price, int slippage, double stoploss, double takeprofit, string comment=NULL, int magic=0, datetime expiration, color Color=CLR_NONE)

注文や未決注文をするための主関数
トレードサーバによって挿入されたチケット番号を返し、もし失敗すれば-1を返す。
エラー情報の詳細を得たい場合はGetLastError()関数を呼び出す。
メモ:
注文(OP_SELLやOP_BUY)する場合、Bid(売値)、Ask(買値)の最新の価格しか注文できない。
小数点以下の桁数が一致していない場合も注文できない。
ストップとリミットの値はオープン価格と近いと注文できない。


Parameters:

symbol - 通貨
cmd - 取引タイプ。取引操作子のどれか。
volume - ロット数
price - オープン価格
slippage - スリッページ
stoploss - ストップロス値
takeprofit - 利確値
comment - コメント。コメントの最後の部分はサーバーによって変更される。
magic - オーダー識別番号。ユーザ定義の識別番号。
expiration - 有効期限
arrow_color - チャート上の矢印の色。
もしこの変数が間違っているかCLR_NONE値であれば
チャート上に何も描かれない。



Sample:


int ticket;
if(iRSI(NULL,0,14,PRICE_CLOSE,0)<25)
{
ticket=OrderSend(Symbol(),OP_BUY,1,Ask,3,Ask-25*Point,
Ask+25*Point,"My order #2",16384,0,Green);
if(ticket<0)
{
Print("OrderSend failed with error #",GetLastError());
return(0);
}
}



解説:

もしRSIの値が「25より小さかったら」
変数「ticket」に下記条件で注文したチケット番号を代入する。
・現在表示中の通貨
・買いポジション
・1ロット
・現在のAsk値
・スリップ許容範囲は3
・現在のAsk値から25Point引いた値にストップを置く
・現在のAsk値に25Point足した値で利確する
・"My order #2"とコメントを付ける
・オーダー識別番号は「16384」とする
・有効期限は無し
・チャート上に緑色で矢印を表示する。

もし、変数「ticket」が0より小さい(注文が約定しなかった)場合、
"OrderSend failed with error #"+"エラー番号"を表示する。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。