その他_定数一覧

ここでは、「その他_定数一覧」 に関する記事を紹介しています。
◎ 注意事項

右中央部に「シグナル配信」として、チャートを載せていますが、自動更新できるか? 表示速度は? などのTESTに使用しているだけです。
本ブログの掲載情報に基づいて取引を行い、被った損害について本ブログ及び管理人は一切の責任を負えませんのでご了承下さい。


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Object properties (オブジェクトプロパティ)


定数説明
OBJPROP_TIME10datetime1番目の座標の時間部
OBJPROP_PRICE11double1番目の座標の値部
OBJPROP_TIME22datetime2番目の座標の時間部
OBJPROP_PRICE23double2番目の座標の値部
OBJPROP_TIME34datetime3番目の座標の時間部
OBJPROP_PRICE35double3番目の座標の値部
OBJPROP_COLOR6colorオブジェクトの色
OBJPROP_STYLE7intオブジェクトの線種。STYLE_SOLID、STYLE_DASH、STYLE_DOT、STYLE_DASHDOT、STYLE_DASHDOTDOTの中のどれか。
OBJPROP_WIDTH8intオブジェクトの線の太さ。1から5まで。
OBJPROP_BACK9boolオブジェクトの背景を表示するかどうか。
OBJPROP_RAY10boolオブジェクトの線フラグ
OBJPROP_ELLIPSE11boolオブジェクトの楕円フラグ
OBJPROP_SCALE12doubleスケールオブジェクトの値
OBJPROP_ANGLE13doubleアングルオブジェクトの角度
OBJPROP_ARROWCODE14int矢印コードを指す整数値か矢印列挙数
OBJPROP_TIMEFRAMES15intオブジェクトプロパティ時間枠のオブジェクト可視化定数の組み合わせ (1つでもよい)
OBJPROP_DEVIATION16doublestandard deviationオブジェクトのdeviation属性値
OBJPROP_FONTSIZE100intテキストオブジェクトのフォントサイズ値
OBJPROP_CORNER101intラベルオブジェクトのコーナー値。0~3の値(0: 左上、1: 右上、2: 右下、3: 左下)
OBJPROP_XDISTANCE102intコーナーからのX座標方向へのピクセル距離
OBJPROP_YDISTANCE103intコーナーからのY座標方向へのピクセル距離
OBJPROP_FIBOLEVELS200intフィボナッチオブジェクトのレベル数。0~32の値
OBJPROP_LEVELCOLOR201colorレベル線のカラー値
OBJPROP_LEVELSTYLE202intレベル線の線種。STYLE_SOLID、STYLE_DASH、STYLE_DOT、STYLE_DASHDOT、STYLE_DASHDOTDOTのどれか。
OBJPROP_LEVELWIDTH203intレベル線の太さ。1~5の値
OBJPROP_FIRSTLEVEL+n210+nintフィボナッチオブジェクトのレベルインデックス。ここでnはレベルインデックスで、0~31の値。
スポンサーサイト
Object types (オブジェクトタイプ)

これらは以下の値を持つ:
オブジェクトはタイプによって1~3の座標(1つの座標は時間部と値部から成る)が必要となる。


定数説明
OBJ_VLINE 0 垂直線。第一座標の時間部を使う
OBJ_HLINE 1 水平線。第一座標の値部を使う
OBJ_TREND 2 トレンドライン。2つの座標を用いる
OBJ_TRENDBYANGLE 3 角度によるトレンドライン。1つの座標を用いる。ObjectSet()関数によって線からの角度を設定しなければならない。
OBJ_REGRESSION 4 回帰線。2つの座標の時間部を用いる。
OBJ_CHANNEL 5 チャネル。3つの座標を用いる。
OBJ_STDDEVCHANNEL 6 Standard deviationチャネル。2つの座標の時間部を用いる。
OBJ_GANNLINE 7 Gan line。2つの座標を用いるが、2番目の値部は無視される。
OBJ_GANNFAN 8 Gan fan。2つの座標を用いるが、2番目の値部は無視される。
OBJ_GANNGRID 9 Gan grid。2つの座標を用いるが、2番目の値部は無視される。
OBJ_FIBO 10 フィボナッチ リトレースメント。2つの座標を用いる。
OBJ_FIBOTIMES 11 フィボナッチタイムゾーン。2つの座標を用いる。
OBJ_FIBOFAN 12 フィボナッチ fan。2つの座標を用いる。
OBJ_FIBOARC 13 フィボナッチ arc。2つの座標を用いる。
OBJ_EXPANSION 14 フィボナッチ expansion。3つの座標を用いる。
OBJ_FIBOCHANNEL 15 フィボナッチチャネル。3つの座標を用いる。
OBJ_RECTANGLE 16 長方形。2つの座標を用いる。
OBJ_TRIANGLE 17 三角形。3つの座標を用いる。
OBJ_ELLIPSE 18 楕円。2つの座標を用いる。
OBJ_PITCHFORK 19 アンドリューズ・ピッチフォーク。3つの座標を用いる。
OBJ_CYCLES 20 円。2つの座標を用いる。
OBJ_TEXT 21 テキスト。1つの座標を用いる
OBJ_ARROW 22 矢印。1つの座標を用いる。
OBJ_LABEL 23 ラベル。ピクセルで表わした1つの座標を用いる。


Trade operations (取引動作子)


OrderSend()関数の動作タイプ。

これらは以下の値を持つ:
定数説明
OP_BUY0買いポジション
OP_SELL1売りポジション
OP_BUYLIMIT2指値で買う
OP_SELLLIMIT3指値で売る
OP_BUYSTOP4逆指値で買う
OP_SELLSTOP5逆指値で売る
Series arrays (直列配列)


直列配列の識別子は
ArrayCopySeries()、
iHighest()、
iLowest()関数で使われる。

これらは以下の値を持つ:
定数説明
MODE_OPEN0始値
MODE_LOW1安値
MODE_HIGH2高値
MODE_CLOSE3終値
MODE_VOLUME4出来高、iLowest()やiHighest()関数で使われる
MODE_TIME5足の出現時間、ArrayCopySeries()関数で使われる
一目均衡表識別子


iIchimoku()インジケータで使われる一目均衡表識別子。
これらは以下の値を持つ:

定数説明
MODE_TENKANSEN1転換線
MODE_KIJUNSEN2基準線
MODE_SENKOUSPANA3先行スパンA
MODE_SENKOUSPANB4先行スパンB
MODE_CHINKOUSPAN5遅行スパン
Indicator lines (インジケータライン)


iMACD()
iRVI()
iStochastic()
インジケータで使われるインジケータライン識別子。

これらは以下の値を持つ:
定数説明
MODE_MAIN0インジケータの基本線
MODE_SIGNAL1シグナル線



iADX()
インジケータで使われるインジケータライン識別子。
定数説明
MODE_MAIN0インジケータの基本線
MODE_PLUSDI1+DIインジケータ線
MODE_MINUSDI2-DIインジケータ線



iBands()
iEnvelopes()
iEnvelopesOnArray()
iFractals()
iGator()

インジケータで使われるインジケータライン識別子。

定数説明
MODE_UPPER1上の線
MODE_LOWER2下の線
チャートの時間枠 (チャート期間)。
これらは以下の値を持つ:


定数説明
PERIOD_M111分足
PERIOD_M555分足
PERIOD_M151515分足
PERIOD_M303030分足
PERIOD_H1601時間足
PERIOD_H42404時間足
PERIOD_D11440日足
PERIOD_W110080週足
PERIOD_MN143200月足
0 (ゼロ)0現在のチャートの時間枠
Price constants (価格定数)

価格定数。
これらは以下の値を持つ:

定数説明
PRICE_CLOSE0終値
PRICE_OPEN1始値
PRICE_HIGH2高値
PRICE_LOW3安値
PRICE_MEDIAN4中央値、(high + low)/2
PRICE_TYPICAL5代表値、(high + low + close)/3
PRICE_WEIGHTED6重み付け値、(high + low + close + close)/4
Moving Average methods (移動平均線計算法)

インジケータで使われる移動平均計算法識別子。
これらは以下の値を持つ:

定数説明
MODE_SMA0単純移動平均
MODE_EMA1指数平滑平均
MODE_SMMA2平滑平均
MODE_LWMA3加重平均
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。