デリバティブとヘッジファンド

ここでは、「デリバティブとヘッジファンド」 に関する記事を紹介しています。
◎ 注意事項

右中央部に「シグナル配信」として、チャートを載せていますが、自動更新できるか? 表示速度は? などのTESTに使用しているだけです。
本ブログの掲載情報に基づいて取引を行い、被った損害について本ブログ及び管理人は一切の責任を負えませんのでご了承下さい。


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ファンダメンタルズと経済~デリバティブとヘッジファンド~

固定相場制から変動相場制に移った結果、「マネー経済」の占める割合が増えていきました。
通常、”商品を買ったり、サービスを受けたりする時に行うお金のやり取り”を「実物経済」といいます。
これに対し、”お金を商品とみなしお金自体を売買する時のお金のやり取り”を「マネー経済」といいます。
変動相場制に移ってからは”お金の価値が日々変化している”状態です。
つまり、安い時に買って、高い時に売れば儲けることが出来るわけです。
1980年代頃は「実物経済」と「マネー経済」の割合は9:1程度でしたが、現在は世界のお金の流れの9割は「マネー経済」によるものになっています。

なぜこんなにも急激にマネー経済の占める割合が大きくなってしまったのでしょうか?

[ファンダメンタルズと経済~デリバティブとヘッジファンド~]の続きを読む
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。